2017年8月17日木曜日

天理いなほだより

いなほ🍀便り

こんにちは😃
お知らせの前に…
子どもが登校しぶりをした時、最近ではネットや書籍も出回り
「無理に登校させずに休ませてあげてくださぃ」という意見をよく目にします。
不登校の状態はそれぞれで「こうすれば→こうなる!」という
決まった回復パターンはありません😢

でも多くの保護者との出会いの中で「休ませる」ということは「ただ行かない」ことではないと気付きました。必要以上に心配することはないけれど、とりあえず休ませれば勝手に動き出すこともありません。

その時間をこんな風に使ってみてはどうでしょう⁉︎
①家族の信頼関係を築き直す時間
②学齢にもよりますが、本人が自分自身を見つめ直す時間
(親は余計なことを言わず見守る)
③でもその水面下で親は…
自分自身を見つめ直す時間であったり、
情報収集をする時間

得た情報を使う機会がなかったとしても、子どもが何かを求めてきた時に、親がたくさんの引き出しを持っていることは心強いです💪
「知る」ということはとても大切なことだと思います。将来(進学)のことや発達障害について学んでおくのもそのひとつだと考えています😊

⭐︎8月定例会は19日(土)9:30〜11:30
教育総合センター於です。
持ち物  参加費100円マイコップ
参加ご希望の方は
天理市教育総合センター
0743-63-0316にお問合せくださぃ。
勿論お子さんの状態を優先してドタキャン遅刻早退オッケーです👌

お知らせしましたように夏休みの今月は特別企画「発達障害」について考えます。臨床心理士の上田先生のお話を伺いますので、ご意見ご質問などあれば事前にセンターにお伝えくださぃね。

🐢おくむら  ゆきこ🐢

2017年8月5日土曜日

マザーリーフより

8月定例会のお知らせ

夏休み、いかがお過ごしでしょうか。
堂々と休める期間、学校に行けない子どもも少し元気になるケースも多い時期です。
学校のことを忘れて、親子共に思い出に残る2017年の夏になりますように。


さて、マザーリーフ8月定例会は、8月12日(土) 9時半〜11時半。
場所は三の丸公民館です。参加費はお茶菓子代100円となっております。

夏休みの宿題はどうしたらいいのかな。
2学期からは学校に行けるのかな。
と、いろいろ考えてしまうことだと思います。
同じ悩みを持つ親どうし、ざっくばらんにお話できればと思います。
もちろん聞くだけの参加でも大丈夫です。
気楽なお気持ちでお越しいただければうれしいです。
参加申し込みは結構ですので、直接会場にお越しください。
では、よろしくお願いいたします。

※今回の勉強は、「母親ノート法」について、事務局より10分ほどお話しする予定です。

   日時:8月12日(土) 9時半~11時半  ←第2土曜日です
    
   場所:三の丸公民館
   
   参加費:100円(お茶菓子代・事務費)

 《コラム》
  学校には行かなければならない。
  勉強をしなければならない。
  宿題は提出しなければならない。

  「ねばならない」は英語で「Must」

  今日は親子でいっぱい話すことができた
  子どもが自分から掃除機をかけることができた
  家族ででかけることができた

  「できる(できた)」は英語で「Can」

  真面目に人ほど「ねばならない」に追いかけられて生きてしまいます。
  毎日、掃除機をかけなければならない
  毎日、布団を干さなければならない
  毎日、トイレ掃除をしなければならない
 
 自分で決めたルールで自分の首を絞めていることには気がつかないものです。
 でも、掃除しなくても、昨日寝た布団で寝ても、トイレに汚れリンクがあっても
 家族で笑って楽しく過ごせたら、その方がいいと思うのです。
 「お母さんは忙しいのよ。」「なんで私ばっかり」と怒るよりは
 不良主婦になってみませんか。主婦だって夏休みです。

 「Must」ではなく「Can」
 の発想を大事にした夏休みにしたいものですね!  byマザーリーフ事務局



2017年8月4日金曜日

天理いなほだより

こんにちは😃
8月の予定をお知らせします☝️

⭐いなほ定例会
8月19日(土)9:30〜11:30
天理市教育総合センター
今回は「発達障害」について考えます。
お問合せ:天理市教育総合センター 0743-63-0316

⭐通信制高校・サポート校  合同個別相談会
9月30日(土)12:30〜16:00
生駒市コミュニティセンター4F
お問合せ   奈良新聞社大阪支社不登校相談係      06-6211-2797
《通信制高校学校相談会サイト→検索》

《コラム》
夏休み…ご家族でいろんな体験や会話の増える40日間ですね😊
親は子どもと会話する時、つい自分の若い頃は〜と武勇伝を語りがちです😎
これも春日井先生の受け売りですが💦
親が子どもと対話をする時、
成功談よりもむしろ過去の失敗談や辛い思いをしたことを語り、
それをどのように切り抜けたのか、どのように今を迎えているのかを
語ることの方が大切なのだそうです。

私たちは子どもの為を考えるが故に、転ばぬ先の杖…
子どもの言動に指図をしてしまいがちです。
「私メッセージ」ってご存知ですか?
「偉かったねー」ではなく「お母さんは嬉しいよ。」
私を主語にする言葉かけです。→検索

この夏休み、お子さんが自分で考え、行動する力が湧いてくるように、
私たち親は灯台の灯のような見守りとメッセージを発信できればいいですね😊

…と自分に言い聞かせている今日この頃です😅

   🐢おくむら  ゆきこ🐢

2017年7月20日木曜日

ほっとネット


天理いなほだより

こんにちは😃
夏休みも間近になりました。
この時期の親は少しの安堵感😌と
この時期にしておかなければいけないことはないのかしら…?という焦燥感😰、
2つの気持ちが交錯する方が多いのではないですか⁉

不登校児の親の気持ちは、
その原因について他責(友達・学校)から自責(家庭・育て方)へ、
そしてもしかしたら子ども自身に何か問題があるのではないか⁉
という思いを持つこともあります。

最近、いなほでは発達障害というワードをよく耳にします。
「この子の性格なのか?それとも診察を受けた方がよいのか?」
迷われる保護者は少なくありません。
そこで8月19日の定例会では発達障害をテーマに考えます。

立命館大学の春日井先生は発達障害を「発達の凸凹」と表現されます。
視力の弱い人がメガネをかけて通常の生活ができるように、
子どもの成長過程の中で何が出来て何が不得意なのかを親子で知る!
不得意な事を認知し、周囲への発信や理解によって、
それを補うことができれば日常生活に支障をきたさない方法が見つかるかもしれません。
発達障害の括りはとても複雑です。
ただ知ることによって気持ちが軽くなる場合もあります。
改めて皆さんで一緒に考えてみませんか?

⭐いなほ定例会
8/19(土)9:30〜「発達障害について」
問い合わせ:天理市教育総合センター 0743-63-0316

⭐不登校「ほっ」とネット(県教育委員会主催)
7/22(土)13:00〜16:30
場所  奈良県立教育研究所
参加費  無料
お問い合わせ  0744-33-8904
小学生・中学生・高校生の分科会でそれぞれの保護者の体験発表と
先程ご紹介した春日井先生、天大  千原先生、関学  山本先生の助言、
質疑応答の時間があります。


  🐢おくむら  ゆきこ🐢

2017年7月2日日曜日

マザーリーフより

こんにちは、マザーリーフ事務局です。

暑さの厳しい季節がやってきました。
その後お変わりございませんか。


さて、マザーリーフ7月定例会は、7月8日(土) 9時半〜11時半。
場所は南部公民館です。
  ⇨http://mother-leaf.blogspot.jp/p/blog-page_10.html

参加費はお茶菓子代100円となっております。

聞くだけの参加でも大丈夫です。
気楽なお気持ちでお越しいただければうれしいです。

今回の勉強は、「子どもに伝わる言い方と伝わらない言い方」について、
事務局より10分ほどお話しする予定です。





卒業アルバム

そろそろ卒業アルバムの撮影が始まるシーズンです。

卒業アルバムには、個人写真だけではなく、クラス写真やグループ写真、
学年全体写真、そして行事のスナップなど、いくつかの写真が載ります。
そしてアルバム用写真の撮影日は写真屋さんとの間でもう決まっているはずです。
親としては、卒業アルバムに一枚も写真が載らないというのは
わが子が学校に存在していなかったようで、それはあまりにも悲しい、
せめて個人写真だけでもと思いますが、まずはお子さんの意見を聞いてあげてください。

卒業アルバムに自分の写真を載せたくない子もいます。
アルバムもいらないと買わなかった子もいます。
本人はいやでも親がほしいからと子どもに内緒でこっそり買った親御さんもいます。
不登校になったきっかけや交友関係、なによりその時の子どもの状態によりますので、
どうするのが正解というのはありません。

ただ、本人の気持ちを尊重してあげるのが一番大切です。
もし後々後悔したとしても、本人が決めたことなら納得でしょう。

また、写真を撮るにしても、担任の先生としっかり相談してくださいね。
その時だけ登校して撮影に入ることもできます。
個人写真なら、自分で写真屋さんに行って撮ることもできます。
最近は合成加工技術も進んだので、集合写真であっても、
まるでその場にいたかのようにしてもらうことは可能です。
いろいろな方法がありますので、聞いてみてください。

写真はいやでも、寄せ書きや卒業文集なら書ける、という子もいます。
絵を描くのが好きな子なら、イラストを載せてもらう方法もありますね。
学校に行っていなくても、卒業というのは大きな節目です。
親が決めるのではなく、子どもが自分で決めていく、という姿勢が大事です。
卒業とは、親の保護や支配から卒業することでもあるという視点で話し合ってみてくださいね。

ではまた。




2017年6月29日木曜日

天理いなほ🍀便り

こんにちは😃

先に7月予定のお知らせ
⭐4日(火)13:30〜15:00
いなほcafe(高校生・成人ご家族向)御経野コミュニティセンター

⭐8月定例会は
18日(土)9:30〜11:30
発達障害について学ぶ予定です

⭐一般社団法人なら人材育成協会
*参加ご希望の方は奥村までお願いします

第13回親の会(高取町)
日程:7月1日(土)13:00〜16:00
第1部…経験者本人の体験談
第2部…親の会
場所:フリースペースゆいえ
参加費:①1,000円②500円
経験者本人プロフィール
22歳、福岡県出身。幼稚園時代から休みがちで、小学3年生より本格的に不登校。私立中学に進学するも、半年で再び不登校に。対人恐怖、昼夜逆転等で家にこもりがちな生活を送る。中学2年生より適応指導教室に通所。定時制単位制高校の昼間部を経て、大阪府立大学に入学。現在は教育福祉学類にて、社会福祉とSSWを学ぶ。研究テーマは、学校に通わないことで子どもが直面する生活問題・社会的孤立について。

★さなぎの会(生駒市)
日程:8月19日(土)
場所:生駒市コミュニティセンター
参加費:1000円(1家族につき)

【コラム】
親の会に参加していると、自分(親)の今の気持ち、子どもの今の状況をなんとかしたい!
答えをくれる場所はないですか?という場面によく出会います。
残念ながら答えはないです😢
自分で気付くことしかないようです(*´-`)
その手助けをしてくれるのが、居場所であり相談場所だと思います。

どの相談場所もカウンセラーに嘘はなく、真摯に向き合ってくれます。
ただ、時間帯や制度、申し訳ないけど今の自分との相性が合わないこともある…😖
そんな時は(親身になってくれたのに悪いなぁ〜)なんて思わずに
違う場所に行ってみるのも有りです☝️
場所の空気が変わることで新たな気付きがあるかもしれません。

たくさん居場所はあるけど、探す術がわからない💦
そんな方に今回は相談場所の探し方をお知らせします😃

主だった所では…
天理市教育総合センター(夢てんり)
県立教育研究所
児童家庭支援センターてんり
児童家庭支援センターあすか
若者サポートステーションやまとetc
日曜日や夜の対応をしている所もあります。対象年齢、場所など詳しくは
県青少年・生涯学習課「支援機関ガイド」
http://www.pref.nara.jp/31400.htm→検索
各自治体にも冊子が配布されています。
ディアディアHPもご参照くださいね😊

お問い合わせ先:天理市教育総合センター 0743-63-0316

    🐢おくむら  ゆきこ🐢